SSブログ

レ・ミゼラブルのミュージカル [演劇]

会社で加入している福利共済制度で、毎月イベントの抽選があり、通常価格よりも安くチケットが手にはいるので、時々申し込んでいます。

小さい会社なので、以前はそういった福利厚生がまったくなかったのだけど、育休中に加入したらしく、ちょっと恩恵が得られて嬉しいです。

その中で、今回申し込んで当たったのが、一度見てみたかったミュージカル「レ・ミゼラブル」。

帝国劇場で見てきました。初、帝国劇場。

といっても、実は、15年以上前に、ニューヨークのブロードウェーで一度見たことがあります。

ただ、その時は、ストーリーも歌も知らず、英語もよく聞き取れず・・で、本来の良さを分からなかった気がするのだけど、今回は、自分が合唱団で歌い、歌を知っていて、4月に映画も見てストーリーもよく分かっている中で見たので、本当に楽しめました。 

生のオーケストラの音楽に合わせた、俳優さん達の素晴らしい歌声。

各登場人物の悲しみ、憎しみ、恨み、愛情、嫉妬、葛藤などいろんな魂の叫びが、とても心に響き、すばらしく感動的でした。

KIMG0009s.JPG

ジャンバルジャン役の吉原光夫さんは、とても力強く迫力がありました。まだお若いんですね~。でも、30代とは思えませんでした。

一番印象に残ったのは、エポニーヌ役の綿引さやかさん。新人さんのようですが、とても歌声が素敵でした。

最後は、スタンディングオベーション。

カーテンコールも一度幕が閉まってから、もう一度皆さんが出てきてくれました。

ここしばらく1人の息抜き時間がなかったので、久しぶりに贅沢な時間を過ごせました。

また違う役者さんの演じているレ・ミゼをいつか見てみたいです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

つかワールド [演劇]

つかこうへい氏作の「新・幕末純情伝」を見に行きました。

つかこうへい作品は学生の時にいくつか見ましたが、その後は、御縁がないまま。

幕末純情伝は代表的な作品の一つですが、今回初めてでした。

沖田総司、坂本竜馬、桂小五郎、勝海舟、岡田以蔵、土方歳三など幕末の歴史上の人物が登場し、沖田は女性という設定。

新しい時代へのそれぞれの思惑の中で、本音と感情がセリフとなって発せられ、真実をつきつけられる。

心の奥に隠している残酷な言葉ですらも。

人としての優しさ。思いやり。非情さ。悲しみ。憎しみ。苦しみ。表と裏の両方の感情。

刺激的。衝撃的。時に感動的。独特のセリフ回し。マイクでの登場。効果音。先の読めないストーリー。

独特のつかワールドを久しぶりに体感しました。

昨年亡くなられたつかさん。

改めてご冥福を祈りつつ、こうしてこの先も、彼の作品が受け継がれていってほしいなと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美女と野獣 [演劇]

劇団四季のミュージカル「美女と野獣」を見に行きました。

2011_0908s.JPG

「美女と野獣」は、私の好きなディズニーアニメの中でトップ3に入るし、歌も合唱団で歌ってほとんど馴染みがあり、自分の結婚式でも歌ったので特に思い入れがあるものです。

でも、ミュージカルを見るのは初めてでした。

産休に入ったお陰で、普段は行かれない平日の昼公演にしたので、比較的良い席がゲットできました。

ストーリーは夢物語なので、女性向けかもしれないけど・・・。

「Be our guest」の歌とダンスの楽しい場面ではわくわく。

「愛せぬならば」の歌と野獣の悲しみにしんみり。

ベルと野獣がダンスする所は優雅でうっとり。

舞台のセットも衣装も素敵で、本当に魔法にかかった夢の世界を堪能できた3時間でした。

今度は子供が大きくなったら一緒に見たいな~。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

降りそそぐ百万粒の雨さえも [演劇]

4ヶ月目くらいの時の腰痛は、座っていることの多い仕事中の姿勢が崩れるのが大きな問題だったようで、ドクターエルクッションを購入してからは腰痛もなくなり、大分ラクに過ごせていました。
が・・・。

さすがに8ヶ月はいると、お腹の重さに腰が耐えられなくなっての腰痛が始まりました。
お腹は張るし、腰は痛いしで、辛い。
さらにここの所の暑さも加わり、かなり体力を消耗している気がします。

ふぅ。

ようやく、ここ数日涼しくなってきてちょっと楽。

来週も健診です。

そんな状態ではあるけど、先週末、気晴らしにいつも見ている劇団キャラメルボックスのお芝居「降りそそぐ百万粒の雨さえも」を観に行きました。

今回は新作の時代劇。
主人公は以前も公演している別のお芝居と共通していて、時代が幕末から明治初期の新撰組の話です。
昔は戦国時代のほうが面白かったけど、キャラメルのお芝居や坂本龍馬を通して、幕末の時代という大きな転換期の面白さを知ることができたのは感謝です。

今回は、1週間前にチケット取ったにもかかわらず、お盆中だったせいもあるのか、真ん中の良い席が確保できました。

時代劇の公演は殺陣がやっぱりかっこよかったです。

今回は人が多そうでやめたけど、混雑が落ち着いたら、リニューアルしたサンシャイン水族館にも寄ってみたいと思います。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

薔薇とサムライ [演劇]

週末、劇団新感線の舞台「薔薇とサムライ」が映画館で放映されるというので、見に行きました。

劇シネは今回で2回目。通常の映画より値段が高いのだけど、こうして気軽に見れるようになったのはいいですね~。

最初に新宿で行われた舞台挨拶の模様が生中継で映し出されました。天海と古田さんのお二人が来られ、二人の話から見る前に少し、共演者の方のこうだった、あ~だったなんていう裏話が聞けて面白かったです。

歌に、殺陣に、笑いにと沢山の要素が詰まっていて、3時間近くの長さも気にならないほど楽しめました。やはりスピード感が違います。[遊園地]
衣装も豪華で見ていても楽しめました。

主役2人は適役。
天海さんは、さすが宝塚出身だけあって、舞台ではえる。かっこいい。
古田さんも舞台でのほうがテレビより、いいですね~。

ストーリーは複雑でなく、気軽に楽しめる痛快な作品で、全国で放映されているそうなので普段お芝居を観ない人でも楽しめるのではないかと思います。

帰りはサンマルクレストランへ。
初めてみなとみらいのお店は入ったのだけど、観覧車とベイブリッジが見えて、眺めが最高。[ぴかぴか(新しい)]

焼きたてのパンを座っているテーブルまで持ってきてくれるので、あたたかいまま味わえます![るんるん]

ん~。好きなドイツワインが飲めないのが残念だったけど、お料理と風景と両方楽しめました。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

下北沢へ [演劇]

3月だというのに雪が降って寒かったり暖かかったり。花粉症なのか風邪なのか分からないけど、止まらなくなるくしゃみと闘っている日々です。

週末、下北沢に行ってお芝居を観ました。

以前、下北で仕事をしていたことがあるんだけど、あまり普段訪れない街。結婚してからきていないのでは?というほど、長く降りていませんでした。

下北は相変わらず、不思議な雰囲気のある街です。少し道に迷ったら、以前働いていた所が、ものすごく立派になっていてびっくりしました。たまには、久しく行っていない街に行ってみるのも面白いです。

お芝居の前に、昼食をレコードが沢山置いてあるお店で食べました。
レコード・・・。ホント見なくなりました。
時々、こういう今は見ない昔のものを目にすると懐かしくなります。
ランチパスタの種類は少なかったけど、生パスタを使用していて味も美味しかったです。

お芝居のほうは、夫の知り合いの人が出演していて、何度か観ているオムニバス形式の「Sarachi」シリーズのvol.5。

今回は、元モーニング娘の保田圭さんや山口良一さんなどテレビでもおなじみの方が出演していました。

お芝居のほうは、女性が強くたくましく、悪人と闘うシリーズやSPシリーズなどおなじみのものから、新しいものまであり、笑いの絶えないお芝居でした。

夕飯は夫のリクエストでつばめグリルへ。
18時過ぎると人が多く、満席になっていました。
食べ終わって、ちょっと周りを見たら、座り方が2グループに分かれる事に気付きました。
各面に4つ椅子が置いてあるテーブル席に2人で座る場合、どこに座りますか?
この日は対面に座るのと隣り通しでL字に座るカップルがいて、L字に座るカップルのほうが多かったです。
対面に座ると顔は見れるけど、話すとき距離を確かに感じますが、個人的には対面に座ることが多い気がして、L字に座るカップルの方が多いのにちょっとした驚きがありましたが私だけ?!

この日は駅で八天堂のクリームパン↓とロールケーキも購入。行列していたので買ってみました。

2011_0306s.JPG

パンがしっとりしていてクリームと合い美味しかったです。ロールケーキはバームクーヘンの生地らしく、他のロールケーキとは違い、しっかりした味でした。

相変わらず食への意欲は衰えない私たちです・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ペテン・ザ・ペテン [演劇]

3連休の1日目は、夫の知り合いが出演しているというお芝居を見に出かけました。

それにしても寒かった・・・。[雨][雪]

場所は新橋演舞場。お芝居は好きなのだけどたいてい見ているのは、中小劇場でのお芝居。なので、新橋演舞場は初めて。さすが歌舞伎に使われるだけあり、花道や回転式の舞台転換は新鮮でした。

席も寄席みたいに、桟敷席もあり、普通劇場内って飲食禁止なのだけど、ここではOKらしく、35分間の休憩中やお芝居が始まる前に皆お昼を食べていました。

入り口でお弁当を売っていたりしたけど、私たちはコンビニのおにぎりを食べました。通の人は、限定のお弁当とか予約しているのかなぁ?

せっかくなので、ロビーで売っていた紅白餅入りのたい焼きを買って食べました。甘さ控えめで美味しかったです。

お芝居のほうは、鈴木聡氏の作。ラサール石井さんの演出。

ラサールさんを始め、柄本明さん、小池栄子さん、渡辺えりさんなどがメインキャスト。

ドタバタの喜劇と人情があり、歌あり踊りありと華やかで楽しいお芝居でした。

柄本さんは、アドリブなのか演出なのかよくわからなかった所もあったけど、お茶目にはじけていました。渡辺さんは存在感がすごい。ど~んという感じ。歌も迫力がありました。元カクスコ(好きな劇団だった)の井之上さんも出演していました。

最近はこうした大きな所でやるお芝居は見なくなってしまったのだけど、たまにはテレビで見る人達の舞台での姿を見るのも楽しいです。

席は3階席でかなり上から見下ろす感じになったけど、舞台との距離は近く、役者さんの顔まではよく見えました。花道は見えなかったけど。

たまにはこうしたお芝居も楽しいですね。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キャラメルボックス「サンタクロースが歌ってくれた」 [演劇]

劇団キャラメルボックスのお芝居「サンタクロースが歌ってくれた」を観に行きました。

公演の前に早めの夕飯をBaqetで。パンの食べ放題付きでお腹いっぱいに。
基本、どのパンもおいしい!のだけど、やっぱり焼きたてのパンのほうがいい!
時間の余裕があるときは、少し焼きたてまで待ったほうがいいかなぁ・・と思ってしまいました。[あせあせ(飛び散る汗)]

今回の公演は長年キャラメルボックスのお芝居を観ている人にはたまらない!
というのも、
既に退団している同期の上川さんと近江谷さんが客演としてキャラメルボックスのお芝居に出演しているからです。

キャラメル暦17年になる私にとっては、この二人のボケとツッコミ、なつかし~!![るんるん]
そして、驚くことに、この作品は4回目で、1回目から全て主役の3人は同じ俳優さんが演じているのだそうです。初演は1989年と21年も前とのこと。

私がキャラメルを最初にみた公演は、1993年なので、1997年の「サンタクロースが歌ってくれた」を観たと思っていたら、この年だけ日本にいなかったので、ナマで観るのは今回が初めてでした。

展開が速く楽しいお芝居でした。

最後の挨拶で近江谷さんが「なんか元カノとしっくりいっているような感じです」というようなことを言っていたけど、本当に、二人がキャラメルのお芝居に出演しているのが、全く違和感がない。(まぁ、以前出演していたんだけど・・・)ブランクを感じないというか、ほんとにはまっていました。

退団しても、こうして客演でキャラメルの作品に出演してくれるのは、やっぱりお客さんにとってはすごく嬉しいことです。[かわいい]

今回、席のお陰で、目の前には元バレーボール選手のOさんが座っているのに気付きました。(段差がかなりあったので、幸い見えない!!ということは全くなかったのでよかったです。座っていたので背の高いのも気付かなかったほど。)あと、グループ歌手のボーカルの方も発見しました。
土曜日なのに、意外に身近に芸能人の方達を発見できてちょっとびっくり。
でも、意外なつながりなお二人でした。[目]

そんなおまけもあった今回の公演。
毎年私がもらう、クリスマスのプレゼントです。
毎年素敵なプレゼントをありがとう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

クロノスシリーズハーフタイムシアター [演劇]

金曜日の午後は、いつも観ているキャラメルボックスのお芝居を見に行きました。

銀座でお腹が一杯になったところで、有楽町まで歩いていくと、駅前に人だかりが。

見にいってみると、田中律子さんがいました。いやぁ。若い。[ぴかぴか(新しい)]なんでも3/5はサンゴの日らしく、沖縄のサンゴの保護に力をいれていらっしゃるそうで、イベントが行われていたようでした。

今回は、中野にぎわいフェスタというイベントをやっていて、キャラメルボックスも参加したらしく、2日間だけ中野ゼロホールで行われたのを見にいきました。

ゼロホールの後ろには公園があり、開演前に行ってみたら、こんなのを発見しました。

2010_0305(009s).JPG

中野って降りたことがなかったかも・・。普段は池袋のサンシャイン劇場が多いので、たまには違ったところでみるのも、色んな発見があり楽しいです。

ホールはお芝居には広すぎかなぁ・・という感じはしたけど、違った雰囲気を楽しみながら見ました。

今回は約1時間のハーフタイムシアターの2本立て。

どちらも、クロノスというタイムマシーンを使って過去に行く人たちのお話。

1本目の「ミス・ダンデライオン」は再演。

初演を見ているので、大体のストーリーは覚えていたものの、最後の結末は忘れていました・・。
ちなみにダンデライオンとはたんぽぽのことです。

もう1本は「南十字星(サザンクロス)駅で」。

クロノスシリーズはこれで5作目になるのだけど、その5作すべてに同じ登場人物がいて、その人がついにクロノスに乗るという話でした。

一様、2日間とはいえ、中野公演の楽日ということで、最後は両方の出演者が舞台に出てきて、お客さんと3本締めを行いました。

最後にちょっとした芸もあって楽しく終了。

そして夜は、こちらも気になっていた地元の居酒屋「いさりび」へ。

飲み放題付きのコース料理が2名からでもOKというので予約しておいたのだけど、量も多くて食べきれない程なのに3,000円とは安い![かわいい]コースでなくても、リーズナブルなようなので、海鮮を食べたい時は、また行ってみたいです。

夜も沢山食べた~。「食とは人に良いと書く」とある本に書いてありましたが、ほんとその通りです。美味しいものが食べられるって幸せ[揺れるハート]

充実したお休みとなりました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

エンジェル・イヤーズ・ストーリー [演劇]

毎年、12月はほぼ必ず、キャラメルボックスのお芝居を見にいっています。

今年も、池袋サンシャイン劇場に行って新作の「エンジェル・イヤーズ・ストーリー」を見に行きました。

エンジェル・イヤーズ=「天使の耳」とは、心の声が聞こえる耳。

急に事故でそんな特別の耳を持つことになってしまった父親が主人公のお話。

スピードがあり、早い展開。心の声を白い服を着て俳優さんたちが何役もこなしているのも、面白かったです。

キャラメルボックスは来年25周年を迎えるそうです。私がこの劇団のお芝居を見たのは1993年4月。もうすぐ17年も経つのです[あせあせ(飛び散る汗)]その間、行かれない年もあったけど、こうして長い年月を経った今でも、会いたい人たちに会え、明るく元気になれるって幸せなことです。今年は、残念ながら大好きな役者さんが退団してしまったけど、来年のクリスマス公演に客演するそうなので、来年の12月も楽しみにしたいと思ってます。

お芝居が終わった後は、甥っ子のお年玉かわりのおもちゃを買いました。クリスマスプレゼントを買う人でトイザラスはすごい人でした・・。おもちゃも、色々ありますね~。甥っ子は好きなおもちゃがはっきりしているので、迷わず買うことができました。結局、姪っ子達のはいいのがなくて買えず・・・でした。

2009_1223(001s).JPG

おおきなクリスマスツリー。街はクリスマス一色でした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます